クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

放置自動車はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし自分の所有している土地に無断で自動車が放置されたときはどうすれば

いいのでしょうか。
車の所有者が撤去に応じなかったり、所有者が見つからなかったりした場合は

どうすればいいのでしょうか。
勝手に処分をしていいのか、警察に相談する必要があるのでしょうか。

それとも弁護士などの専門家に相談したほうがいいのでしょうか。
様々な選択肢がある中での、放置自動車への対処について解説をします。

 

放置自動車を処分するには

 

放置自動車の所有者の特定

放置自動車を処分するには、まず放置自動車の所有者を特定しなければなりません。
自動車の所有権は持ち主にあるため、手順を踏み処理する必要があります。
警察へ持ち主の調査を依頼し、警察から所有者へ連絡をしてもらい引き取ってもらいます。

 

撤去の要請

もし引き取りに応じない場合は、あらためて車の撤去を要求する必要があります。
内容証明郵便を送るか、住所不明の場合は、ナンバープレートの登録番号と車台番号で

陸運局から現在登録事項等証明書を取得します。

 

所有者が放置自動車を処分してくれない場合

住所が判明し、内容証明を送ってもこちらの要求に応えない場合、

簡易裁判所で訴訟を起こすことになります。裁判を行い、処分してもよいという

「判決」をもらってはじめて放置車の処分ができます。

 

放置自動車を廃車にするときに必要な費用

放置自動車の処分方法は所有者に任意で処分してもらうか裁判等の法的手続きに

よって処分するかの2通りとなります。
放置自動車を処分する際にかかる費用は、業者や条件によっても異なりますが、

相場は1万円~2万円程度と言われています。ただし、車の状態が悪ければ悪いほど

料金も高くなるため、撤去に5万円以上もかかってしまう可能性もあります。
前述で裁判を起こした場合は、手続きにかかる7万円程度の諸費用や弁護士への

依頼費用も必要となってきます。

 

まとめ

車を放置する理由は色々考えられますが、最も可能性が高いのは廃車手続きの

費用が払えない、あるいは払いたくないからという理由です。
所有者と連絡がつくのであれば、車両を放置したまま話がこじれる前に

買取査定を薦めてみるのも1つの手段です。
放置自動車にお悩みの方は一度、廃車専門の査定業者へ問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加