クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

ローンが残っている車でも廃車にできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ローン(残債)が残っている車を廃車にする場合、『車の所有者』

が誰であるのかがとても重要になってきます。
車の所有者が自分かそうでないかによって、廃車にできるかどうかが

変わってくるのです。

 

車の所有者の確認方法

車検証の『所有者の氏名又は名称』の欄に記載されている名前が、

その車の所有者になります。
ローンで購入した場合には、自分のではなくディーラーや

ローン会社の名前になっていることがありますので、

まずは車検証を確認してみてください。
所有者が自分以外、ディーラーやローン会社だった場合
所有者が自分以外の場合には、所有者が別になりますので、

当然ながら勝手に廃車にはできません。
まずは所有者名義を変更する(所有権解除といいます)必要があります。
ローンを完済すれば、所有権解除の手続きに進むのですが、

ローンが残っていると所有権解除は難しくなります。

 

ローンの残額をまとめて返済できる場合

ローン残額を一括返済すれば、通常の場合所有権解除の

手続きを行うことができるかと思います。
所有権解除の手続きをディーラーが行ってくれるところもありますので、

ディーラーに手続きの流れをご確認ください。

 

ローンの残額をまとめて返済できない場合

ローン残額の一括返済が難しいときは、ローン会社やディーラーに相談してみるしかありません。
たとえば、大きな事故や故障などにより、その車を所有し続けるのが難しい場合や、

修理するにしても車両価値を考えると無駄であると判断されたりした場合は、

特例として一括返済せずに、所有権解除が認められる場合もあります。
もちろん、ローンの残りは継続しての支払う必要がありますが、

まずはディーラーやローン会社に相談してみると良いでしょう。
『車両の解体とローンの支払い継続』を条件に認められる場合もあるようです。

 

 

ローンの一括返済が出来ない場合もまずは交渉を

 

 

たとえ動かない車があっても、所有していれば自動車税は毎年支払う必要があります。
ローンが残っていて廃車にできないから、

と泣く泣く乗れない車の自動車税を支払っている方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、所有権解除については、最初から諦めて交渉しないのではなく、

ディーラーやローン会社にしっかり事情を説明することが大切です。
所有権解除が認められない場合、廃車を行うことはできません。
たとえご自身がローンを支払い、使用している車で合ったとしても、

所有権の無い車の廃車は勝手に行うことが出来ないのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。