クルマの廃車・買取専門店ハイシャ市場

お役立ち情報ブログBlog

廃車にすると戻ってくる・もらえるお金があるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

廃車というと、どちらかといえばお金がかかることというイメージがないでしょうか?
実は、車を廃車にすることでお金が戻ってくることがあるのです!
注意したいのは、きちんと申請しないと戻って来ない場合や、

廃車を依頼する業者によっては逆に費用が発生してしまう事もあるという点です。
損をしないために、戻ってくるお金やもらえるお金について知っておきましょう!

 

廃車で戻ってくるお金=還付金

還付金とは、税金を収めすぎたり、免除があったりした場合に戻ってくるお金のことです。
以下のような種類があります。

 

戻ってくる税金

自動車税

自動車税は、4月1日時点で車を所有していた場合に支払う税金です。
車を売却した場合には還付はありませんが、廃車にした時だけ、

残りの期間分の自動車税が戻ってきます。
廃車手続きした月の翌月からの月割で金額が返金されます。
廃車手続きが完了と同時に、自動車税還付手続きを済ませたこととなり、

1~2か月程度で『還付通知書』が送られてきます。
なお、廃車手続きには「永久抹消登録」と「一時抹消登録」

の2種類がありますが、どちらの場合も自動車税の還付は受けられます。
ただし、軽自動車は還付がありませんのでご注意ください。

 

自動車重量税

自動車重量税は、新車購入時と車検時に収める税金で、

車の重量に応じて金額設定されています。
新車購入時に3年分、車検時に2年分をまとめて納めます。
車検の残りが1ヶ月以上ある場合に還付されます。
注意したいのは、重量税は自動車税と違い、廃車手続きを完了しただけでは返金されず、

手続きと同時に還付申請が必要だという点です。

還付金は車検残り期間(月単位)×納付した自動車重量税額÷車検有効期間

(3年or2年、月単位)で計算されます。

なお、自動車重量税は、軽自動車でも還付対象になります。
ただし、自動車リサイクル法に定められた引き取り業者に依頼する必要があります。

 

戻ってくる保険

 

自賠責保険

自賠責保険の還付は、保険会社への申請が必要です。
手続きには、一時抹消登録証明書や登録事項等証明書のコピーなど、

抹消登録を証明する書類が必要となります。
廃車手続きが完了した後、申請することになります。

なお、こちらは月割ではなく、保険会社に解約申請を行った日から還付金額が計算されますので、

廃車手続きが完了したら、なるべく早く手続きを行う事が大切です。
また、自賠責保険の残り期間が1ヶ月未満の場合は、還付対象になりませんので、

ご注意ください。

 

任意保険

任意保険に関しては、税金や自賠責保険とは違い、加入の義務があるものではないので、
いつでも解約は可能です。
廃車の場合以外でも、公道を走らない期間があるのであれば、

解約手続きを行った方がよいかもしれません。
還付金に関しては、保険会社や契約内容により様々ですが、

まずは 解約手続きをしない限り還付はありませんので、

廃車にした場合は確実に解約手続きを行いましょう。

 

 

廃車でお金がもらえる?

通常、廃車にするためには、ディーラーや解体業者に費用を支払う事になるかと思います。
引取りの場合レッカー費用や、諸手続きを代行するための費用になります。
ですが、廃車・買取り専門業者に依頼することで、逆にお金になる場合があるのです。
ディーラーや販売店が車を買取る=中古車として販売する事が目的です。
このため、中古車として転売できる価値のある車以外は買い取ってもらえません。
ですが、廃車・買取り専門業者の場合、たとえ中古車として転売するだけの価値が無い車であったとしても、
パーツや解体した後の鉄やアルミの資源を販売することができる為、本来金額のつかない車であったとしても、
0円以上や、場合によっては思わぬ金額で買い取ってもらうことができるのです。
また、引取りと同時に廃車の手続きも代行してくれるため、自分で廃車し、

費用を払うのとは真逆のことが起こります
廃車を考えている車があるなら、まずは一度廃車・買取り業者に見積りを依頼するのも手ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。